基礎

長期優良住宅に適合したベタ基礎を採用しています。加わった力を基礎全面で地中に伝えられるため、地震や不同沈下に強い構造になっています。

構造材

主要構造部には無垢材の約1.5倍の強度を備えたレッドウッドの集成材を採用しています。無垢材に比べ反りやねじれが少なく、安定した強度を発揮します。

接合金物

接合部には精度・強度ともに高いストローグのNode.HSSを採用しています。 従来の木造住宅接合の欠点であった断面欠損を抑え、地震や強風による縦揺れや横揺れいずれにも大きな耐力を発揮します。

制震ダンパー

住友ゴム製のミライエを採用しています。地震エネルギーを高減衰ゴムに吸収させることで、最大95%の揺れを吸収します。本震だけでなく、繰り返し来る余震にも力を発揮し住まいを守ります。

断熱材

断熱材は現場発泡ウレタン吹付け断熱を採用しています。現場にて発泡するためつなぎ目がなく、狭い隙間にも充填することができ、より高い断熱性を発揮します。

外壁

上質な佇まいを印象づけるリシン、ベルアートなど吹付け仕上げを推奨しています。ファサードの下地にはモルタルノンクラック工法を採用。軒を出すことにより雨による経年劣化や汚れを極力抑えています。

鋼製サッシ

室外には耐久性に優れたアルミ、室内には断熱遮音に効果のあるアルミ樹脂複合サッシを標準としています。窓の性能は家の断熱性能に大きく影響するため、高性能なサッシをご提案しています。

木製サッシ

リビング等のこだわりの強い部分には木製サッシを採用しています。ドイツ製の金物を使った気密性の高いヘーベシーベ窓や、FIXと組み合わせた片引戸により、住み心地を確保します。

玄関戸

木製の開戸や引戸を採用しています。市街地に多い準防火地域にも対応可能です。なるべく軒を出し、雨が当たらないようにすることで経年変化を防ぎます。定期的なメンテナンスが必要となります。

デザインを支える堅固な構造と確かな技術 デザインを支える堅固な構造と確かな技術

デザインを支える堅固な構造と確かな技術

ネイエ設計の住宅は長期優良住宅に対応しています。 ネイエ設計の住宅は長期優良住宅に対応しています。

長期優良住宅とは、簡単に言えば、長期にわたり住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準を設けておき、その基準をクリアしたもので、平成21年(2009年)6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいています。
長期にわたりというのは、新築時の建築プランにおいて長期的に良い状態を保つことができるものであり、且つ、新築後の維持管理・メンテナンスのし易さも考慮されたものであることです。新築された時点だけではなく、将来のメンテンナンスのし易さまで評価する点が特徴的です。

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できる住宅

劣化対策等級(少なくとも100年程度もつ構造強度)
等級3
星3つ

地震に強い住宅

耐震等級(建築基準法の1.25~1.50倍以上の耐震性)
等級2~3
星3つ

断熱性能等のエネルギー性能に優れた住宅

省エネルギー対策等級(断熱等性能等級)
等級4
星4つ

内装、設備の維持管理がしやすい住宅
(清掃、点検、補修、更新)

維持管理対策等級
等級3
星3つ
※長期優良住宅の認定はご要望にあわせて対応しております。長期優良住宅の認定を受けるには諸手続きが必要で  あり、費用がかかります。取得されたい場合はお早めにご相談ください。

ネイエの家づくり
ネイエの家づくり
サポート
サポート
家づくりのすすめ方
家づくりのすすめ方