引用

建築家として、もっとも、うれしいときは、
建築ができ、そこへ人が入って、

そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。

日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、
家の中に明るい灯がついて、
一家の楽しそうな生活が感ぜられるとしたら、

それが建築家にとっては、
もっともうれしいときなのではあるまいか。

家をつくることによって、そこに新しい人生、

新しい充実した生活がいとなまれるということ、

商店ならば新しい繁栄が期待される、
そういったものを、
建築の上に芸術的に
反映させるのが、私は設計の仕事だと思う。
つまり計算では出てこないような人間の生活とか、
そこに住む人の心理というものを、
寸法によって
あらわすのが、設計というものであって、
設計が、単なる製図ではないというのは、
このことである。

『朝日ジャーナル』 
一九六五年七月十一日号 吉村順三談

引用

建物をデザインしない
家族の想いや居心地をデザインします.

住宅の設計とは、
建物のデザインをすることだけでしょうか。

答えは「いいえ」です。

家は単なる「箱」ではなく、大切なのは
その家で
家族がどう生きていくかということのはずです。

お施主さまとご家族の想いひとつひとつを

ていねいにくみ取り、何度も何度も設計図を描いて、

これからの家族の生き方をデザインしていきます。

私たちは、家と言うモノを売る会社ではありません。

暮らすというコトをつくる会社です。

土地にあった設計こそ本物の建築.

最近では、目の前に大きなビルやマンションが

建っていることも珍しくありません。

開放的な家は心地良いですが、

目の前の建物からの視線が気になっては、

ゆっくりと落ち着いた暮らしはできません。

敷地の中においては、家族の暮らしが
完結しながらも、
家の中と外は繋がっており、
窓を通して自然に触れている。

そして、周辺環境だけを考えるわけにもいきません。

豊かな暮らしをするためには、部屋の配置や、

それぞれの部屋に差し込む光の量や見え方、
風の通り道、
暮らしやすいための動線、
それぞれの空間での過ごし方、

そこから見える景色など、あらゆる角度から思考し、

可能性のあるプランはすべて描き出します。

100点満点の土地などない.

北向きならば北向きに合わせた設計を、

狭小地ならば小さな空間に合わせた設計を、

その土地に自分の足で立ってみて、

暮らしを想像しながら設計します。

一般的に良い土地と言われている場所だから

良いプランが描けるわけでも、広いLDKがあれば、

豊かな暮らしができるわけでもありません。

私たちが描いているのは、

単なるパズルを組み合わせただけの間取り図ではなく、

その土地とご家族に合わせた空間、
暮らしを設計したプランです。

理想のプランに辿り着くまで、
多い時には20~30枚描き直します。

お客さまにお見せするのはたった1枚でも、

そもそもが、そこでの暮らしが
考えられた良いプランでなければ、

100回描き直しても良いプランにならないからです。

豊かな暮らしをつくる庭.

日本の住宅においては、庭が非常に重要です。

例えば、京都のお寺などを思い描いて頂いた際、

そこから庭を取ってしまえば

いかに建物が味気ないものになってしまうのか、

ご想像頂けるのではないでしょうか。

日本には四季があります。

窓から見える景色に自然が入ること、

もっと言えば、街中にあっても、

できる限り自然しか目に入らないようにすること。

人々の暮らしを設計する上で、

自然や庭との関係性は大切にしています。

暮らしの中の灯り.

灯りには2つの役割があります。

「機能的な灯り」と「雰囲気をつくる灯り」です。

「機能的な灯り」は、キッチンなど

作業の場に合った適切な明るさを提供するもの。
「雰囲気をつくる灯り」は、落ち着いた時を
過ごすためのもので、

灯りの重心が低くなるように計画します。
天井に照明器具が煌々と主張している空間では、

落ち着いた団らんの時間を
過ごす事はできないからです。

人が自然と集まるよう、ダイニングテーブルや
ソファなどの
居場所に、なるべく柔らかい
存在の灯りを配置します。

暮らしのシーンによって必要な明るさは変わるので、

食事の場では温かく楽しい雰囲気をつくる

ペンダント照明で明るくし、その後リビングで寛ぎ、

就寝時間が近づくにつれ徐々に明るさを

落としてゆけるような照明計画が理想的です。

日本の住宅の照明は明る過ぎると言われていますので、

お客さまとの打ち合わせで、
灯りが作る雰囲気の重要性と、
明るさの感覚を
共有しながら、その住宅に適切な明るさを

設計士目線で提案します。

暮らしを想像できているかどうかで
設計士の照明計画の腕が問われます。

光と風を感じる設計.

空間において、光の占める役割は非常に大きいです。

ただ、光ならばどんなものでも良いわけではなく、

できるだけ自然の光が良いです。

自然の光と言っても、

四季によって太陽の位置は変わりますので

一年を通して快適な空間になるよう、

何度も太陽の位置を想像します。

また、窓は光を取るだけのものではなく、

風も計算しなければなりません。

自然の光を取りながら、風の道も計算する。

そう考えると、日本古来の建物は非常によくできています。

窓から見える景色、差し込む光、風の通る道。

いろいろなことを考えながら設計すると、

どうしてもそこでの暮らしや人の心を想像せずに、

設計することはできません。