心地よい場所

2018.9.21

建築で問われることの多い「中間領域」という考え方をご存知でしょうか。

 

字面はいかにも専門的で難しそうな印象ですが、

外のような中、中のような外、総じて「境界が曖昧な空間」のことを指します。

 

例えば、日本建築における軒下の縁側。

風が通り外の緑に近づくことができるけど、守られている。

“壁に囲まれた”ではなく“屋根に覆われた”感覚というのでしょうか。

住宅においても、その要素を取り入れることはできます。

今の季節、トンボが舞う夕暮れ時であれば、どのような情景が見えるでしょうか。

 

穴ぐらに帰るような安心感と開放感

風が吹いて 湿った空気が触れ

遠くで鈴虫の鳴き声が聞こえてくる

 

気持ち良さそうじゃないですか?

 

私たち設計士にできることは、なぜその場所が気持ち良いか紐解き、

現代の住環境に活かすことです。

その根っこにあるものを追求することで、そこから広がる枝葉のように、

設計の可能性は広がるのだと思いました。

 

みなさまの暮らしがより良いものになりますように。

 

by ogawa