気付くことの積み重ね

2018.8.24

人生、一生勉強だよ。

小学生の頃、夏休みの宿題を嫌そうにやっている私に、

祖父がぽろっとこぼした言葉です。

その言葉の意味を聞き返しましたが、答えてはくれず、

その頃の私はあまり気に留めていませんでした。

ですが、年を重ねることに様々な大人の方と接する機会が増え、

この仕事をしているともあってか、よりその言葉の意味をまじまじと実感します。

 

5月頃、箱根に行った際、建築家の渡辺明さんが設計した建物にお邪魔させて頂きました。

自然に囲まれた敷地に5棟の建物を点在させたホテルで、

廻りの自然に調和するように、屋根の稜線を山々と合わせ、

木々と建物の距離感がバランスよく設計された、

とても心地の良い建物です。

この建物を訪れて改めて気づいたことは、

窓の向こうに大自然が見えなくても、

身近にある自然環境が与えてくれる、

小さな変化を感じ取れる瞬間があるだけで、

日々の暮らしに充分な落ち着きとやすらぎを与えてくれることです。

もちろんその小さな変化を、空間にうまく落とし込んでいることが大事なのですが。

 

それは風に揺れている木々の影が映りだされている姿や、

日が落ちると共に部屋の色が少しずつ変化し、薄暗くなっていく様など。

建築とは関係なく、薪ストーブの炎が揺らぐ姿をつい見ていてしまうのも近いと思います。

 

そういったことは日々の暮らしの中に、ありふれていることなのですが、

仕事の場から離れ、また違った目で建物を見ることで、ふと気づかせてくれます。

 

きっとその積み重ねこそが、自分にとっての一生の勉強であり、

よりよい建築をつくるために続けていくべきことなのだと感じます。

これからもそういった時間を大切にしていければなと思います。

 

by yamazaki