冬を越した木々から得るもの - 設計者コラム 設計事務所とはじめる家づくり・注文住宅・自由設計の[ネイエ設計] | 富山 岐阜 名古屋

設計事務所とはじめる家づくり・注文住宅・自由設計のネイエスタッフによるブログを掲載しております。

冬を越した木々から得るもの

2018年05月21日

 

アカマツ、ユズリハ、ベニシダ、スナゴケ…

 

半年前にオープンした高山のモデルハウスの庭には、

常緑の中木や下草、苔が植えられています。

 

お客様のお庭の木を選ぶとき、冬の寒さの厳しい高山で選ぶことのできる、

― というより地域の造園業者さんが勧めてくれる ―

木の種類は、一般地とは比べものにならないほど限られたものになります。

 

そんな中、モデルハウスの庭に植えられている木々たちは、

今までお客様のお庭で採用したことのなかった、初めて使う樹種ばかり。

これは実験なんです。

 

 

高山では無理だと言われた木々が越冬してくれるかどうか…

だけでなく、床や壁の素材、建具に使う金物、無垢材の動きや経年変化。

設計士が自分たちで行っている、モデルハウスの掃除やメンテナンスは、

時間の経過を経なければ得られない、素材に関するたくさんの情報を与えてくれます。

 

設計事務所の良さは、提案の幅が無限大であること。

ハウスメーカーの良さは、提案にバックデータがあること。

その両者のいいとこどりをするネイエの家づくりの為に、とても大切な情報です。

 

 

モデルハウスの木々は、氷点下つづきで記録的な寒さだった今年の冬を、

無事に乗り切ってくれました。

 

またひとつ提案できることの幅が広がったことも、

小さな新芽が芽吹いたことも、

ただただうれしい春の日々です。

 

 

by shimizu


一覧に戻る